新着ブログ

2018-01-29 21:18:00

からだケア楽らくやの「筋膜ほぐし」について②

前回予告通り、筋膜がダメージを受けると身体にどんな影響が?
ということについて、簡単に解説します。

筋膜についておさらいすると、筋膜は身体を覆う薄い薄い皮のようなもので
筋肉をスムーズに動かす役割を担ったり、内臓にまでいきわたって
身体を守っていたりします。

でもこの筋膜、疲れてくると固くなりやすい性質があります。
更には、よじれたり、しわになったりして筋肉の動きを妨げたりするので
ちょっとやっかいな代物でもあるんです。

つまり、筋膜は固くなる、よじれる、しわになるという大まかな特性を
持っているということ。
もうお分かりだと思いますが、この固くなった筋膜が筋肉の動きを妨げ
よじれた筋膜が、筋肉のハリを引き起こし、しわになった筋膜が
首や肩、腰や膝の動きを悪くします。

前回お話しした、2枚の筋膜をほぐして平らな状態にすることは
そんなに難しい技術は要しないので、一度で良くなったように思うかも
しれませんが、実は一番難しいのは柔らかく平らにならした筋膜を
正常な状態で維持することなんですね。

そのあたりについて、次回の「第3回」でじっくり語ってみようと思います。

※上記の内容は研究機関の研究内容を元に平易にわかり易く
 記述したものですので、一部一般論はありますが、研究結果に
 基づく施術方法及びその技術は、独自の理論によるものです。
 ご注意ください。

からだケア楽らくや
石井 浩二